2021年9月

笹谷 琢史

道南の3縄文遺跡を観光資産として考察する

 北海道の縄文文化は古く、帯広市の大正3遺跡からは、14000年前の土器が発見されている。これは中近東やヨーロッパより数千年早く土器製作がおこなわれていたこと...

内堀 久美子

インクルーシブ公園の可能性 〜都立砧公園「みんなのひろば」におけるユニバーサルデザイン〜

1.はじめに  世界では近年、多様性を認め合い共生する社会づくりが大きなテーマになっている。人種や言語の違いだけでなく、年齢、身体的障害、発達障害、LGBTなど多様...

塩野 敬子

華道文化の継承を支える教室稽古活動

はじめに  華道は、日本を代表する伝統文化である。京都の紫雲山頂法寺を母体とする華道流派・華道家元池坊が発祥であり、1500年にわたる歴史を持つ。  この評価報...

加納 知代子

「フィルム映画」は消えてしまうのか。映画の灯を守り続ける国立映画アーカイブの活動

【はじめに】 “複製の芸術”と呼ばれたフィルム映画。昨今、「シネコン」のような複合映画館においては、殆どがデジタル上映となっている。フィルム映写で鑑賞できるのは...

谷口 栄朗

日本郵船氷川丸〜昭和の激動期を物語る世界的な海事遺産〜

1. はじめに 日本郵船氷川丸(以下、氷川丸)は戦前に建造された大型外航貨客船の国内唯一の現存例である。戦前の大型客船の船内意匠では世界唯一の現存例でもあり、日...